まゆみノート

ポケモンが好き トリプルが好き

【PTCGO】ルンパッパアルセウス◇

 <デッキ作成の経緯>

きっかけになったのは日本国内のSMレギュレーションで活躍している「ホワイトキュレム(祠キュレム)」というイケメンデッキタイプの存在を知ったことから。

詳細なデッキレシピについては検索すれば複数見つかると思うので割愛するとして、このデッキタイプのどこがイケメンかというと他のデッキではあまり見ることのないアルセウス◇というカードが採用されているところ。

f:id:mayumi07:20180824021009j:plain

エネルギー1つでデッキから3枚もの基本エネルギーを加速しつつ30打点という超がつく高性能技を備えながらも、同時にベンチに草水雷3タイプのポケモンが揃っていないと技が使えないという厳しい制約も持っているこのカードをホワイトキュレムデッキでは無理のない形で組み込むことに成功している。

そこが超クール(ホワイトキュレムだけに)。めちゃくちゃかっこいい。

 

かっこいいものは真似したい。自分もアルセウス◇使いたい。

しかしホワイトキュレムはPTCGO未実装(多分11月解禁)。

ああでも今すぐアルセウス◇使いたい使いたい使いたい…今あるカードで使おう!

 

トリニティスターに必要な草水雷タイプのうち、雷タイプには汎用性の塊ことカプ・コケコがいるので残りは草タイプと水タイプ。

f:id:mayumi07:20180824024250j:plain

 

無理なく共存できる草タイプと水タイプのたねポケモン

何か…何か…。 

 

f:id:mayumi07:20180824023453j:plain

よしOK、3タイプ揃った。

 

1匹のポケモンに対してタイプや技の異なる複数のカードが存在するのはポケモンカードの魅力の1つ。

ルンパッパラインならば進化元のたねポケモンであるハスボーに草タイプと水タイプのカードがそれぞれ存在するので、芸術点の高い自然な形で残りの2タイプをデッキに組み込むことができる。

 

 ということで組んでみたデッキがこちら。

f:id:mayumi07:20180825155601j:plain

レギュレーションはExpanded。

カプ・コケコ?やつは置いてきたエモ。

 

 

<採用理由とか使用感とか>

●ルンパッパ(水)

f:id:mayumi07:20180824142731j:plain

自分だけでなく相手のベンチポケモンの数も参照してダメージを上げる技と1ターン1ドローの特性を持ったメインアタッカー兼ドローソース。

自分のベンチが全て埋まっていれば130点。そこから相手のベンチ1体について10点追加で実際には140~160点くらいになることが多い。

もう一歩足りない打点にも見えるが、アルセウス◇であらかじめ乗せておいた30点や、こだわり鉢巻、戒めの祠と合わせてワンパンラインまでもっていく。もっていきたい。もう一歩足りない。 

2進化であることを加味してもう10点か20点くらい素点が欲しかった。

 

●ルンパッパ(草)

f:id:mayumi07:20180824141826j:plain

トリニティスターは序盤に撃ちたい技なのでルンパッパまでタイプを散らす意味はあまりないのだが、せっかくなので入れてみたカード。

ポケモンキャッチャー効果の特性を持っていて、過剰な信頼はできないもののベンチの置物としては優秀。

ポケモンカードチャンネル初期の動画「ポニータ石井 VS ロビン3本勝負」においてポニータ石井氏が初戦で使用したニンフィアGXデッキに採用されていたことが印象的な1枚。

 

ハスブレロ

ハスブレロを採用するかどうかが諸説ある部分。 

特性で水エネルギーを消費せずにバトル場から逃がせる水ハスブレロのほうが何の特徴もない草ハスブレロよりもはっきりと優秀ではあるのだが、水ハスブレロのみを採用しているとトリニティスターの条件を満たすためにベンチの草ハスボーを進化させられないという場面が時折訪れる。手札にハスブレロを抱えたままNやシロナを使うことになるともったいない気分になる。

とはいえ草ハスブレロを採用すれば都合のいい時に手札にいてくれるのかというとそういうこともない気がしたので割り切って水ハスブレロのみの採用。4枚目を入れるなら草にすると思う。

 

エモンガ

f:id:mayumi07:20180824140913j:plain

カプ・コケコ以外にも何かいい雷タイプ役いないかなーと逃げエネルギー0個の雷タイプたねポケモンで検索したらヒットしたBW期のカード。

逃げエネ0かつエネ1つで呼び出し技とSMシリーズでも通用しそうなテキストをしている。

カプ・コケコより行動する機会が多そうだったのでこちらを採用。

まるでEXポケモンかのようなあざといかわいいフルアートカードが存在する。

f:id:mayumi07:20180824125234j:plain アニメBWのイメージが強すぎる。

 

ヤレユータン

手に葉っぱ持ってるし草タイプになってほしい。

 

●戒めの祠

前記事から引き続き非EX/GX主体デッキの切り札スタジアム。

ルンパッパの技がベンチのポケモン数を参照するためスカイフィールドという選択肢もあり、カプ・テテフGXやシェイミEXを積んだ大量展開型も組んではみたが、どうしても「これゾロアークGXでいいよな…」という疑念を振り払うことができなかった。

 

●サポートカード

切りたくないカードが多いのでプラターヌ博士0枚でNとシロナが4枚ずつにリーリエ2枚。

基本水エネルギーが入るデッキということでマキシを是非とも使ってみたかったのだが、2枚採用からすぐに1枚になり程なくしてデッキから抜けていった。

 

●エネルギーカード

トリニティスターの加速が優秀で基本水エネルギーが複数枚貼られたルンパッパが容易に並べられるのでダブル無色エネルギーは4枚まではいらないと感じた。

逆に基本水エネルギーはこのくらいの枚数(9枚)だとデッキ内から枯れてしまうことが多く、もう少し入れたかったところ。スペースがない。

炎草水のユニットエネルギーを1枚添えて草ルンパッパが技を使えるようにしてあるが、30戦以上やって2~3回しか起きなかった超レアムーブ。

 

<雑感>

結論から言えばかなり微妙なデッキだった。

アルセウス◇が使いたくて組んだデッキで、アルセウス◇はしっかりと使うことができたし、アルセウス◇はめちゃくちゃ強かった。

トリニティスターを1回撃つだけでもかなりのアドバンテージを得られるのに、HPまで高いもんだから2回3回と動けることも多く、試合の早い段階でベンチに基本エネルギーを溢れさせることができる。

問題だったのは、せっかく序盤からしこたまエネルギー加速できるのに、加速先であるルンパッパが2進化で遅いこと。ルンパッパの技がエネルギー拘束が緩く基本水エネルギー3枚で撃つデザインをしていないこともあってアルセウス◇の相方としては噛み合っていないと感じた。

 たねポケモンで、エネルギー拘束が厳しい代わりに160点を連発できるホワイトキュレムはルンパッパでは物足りなかった部分がおおむね補われているのでなるほどなあという感じ。11月が待ち遠しい。

進化元のタイプを散らしてトリニティスターの条件を満たすという手法については変なカードを採用せず余すことなくベンチを利用できる点で芸術点の高さ以上の有用性を感じたので、今後1進化でエネルギー要求数の多いポケモンが登場した時には真価を発揮してくれるかもしれない。

具体的には既にSMシリーズで草水2タイプの進化元ポケモンが登場しているオニシズクモGXとかユキノオーGXとか。

ユキノオーEX/MユキノオーEXってなんででなかったんだろう。

 

☆タイプを散らせるたねポケモンを探して知った豆知識☆

「DPシリーズ以降に登場したアメタマのカードは全て草タイプ」 

アメモースにタイプを合わせた結果なんだろうけど、個人的に水タイプの印象が強かったのでちょっと意外だった。 

 

****** Pokémon Trading Card Game Deck List ******

##Pokémon - 15

* 1 Arceus {*} FLI 96
* 1 Oranguru SUM 113
* 2 Lotad PRC 10
* 1 Ludicolo PRC 12
* 2 Emolga DRX 45
* 2 Lotad CES 36
* 3 Lombre CES 37
* 3 Ludicolo CES 38

##Trainer Cards - 32

* 2 Rescue Stretcher GRI 130
* 2 Lillie SUM 122
* 2 Rare Candy SUM 129
* 1 Super Rod BKT 149
* 3 Nest Ball SUM 123
* 4 Cynthia UPR 119
* 2 Guzma BUS 115
* 4 N FCO 105
* 2 Choice Band GRI 121
* 2 Float Stone BKT 137
* 2 Shrine of Punishment CES 143
* 4 Ultra Ball ROS 93
* 2 VS Seeker PHF 109

##Energy - 13

* 3 Double Colorless Energy FCO 114
* 9 Water Energy 3
* 1 Unit Energy {G}{R}{W} UPR 170

Total Cards - 60

****** Deck List Generated by the Pokémon TCG Online www.pokemon.com/TCGO ******

【PTCGO】Ω連打ヨガマン

f:id:mayumi07:20180819101252j:plain

 ヨガマン(YOGA-MAN)とがまん(GAMAN)がかかっていてこの上なく格調高い。

レギュレーションはExpanded。

 

※最新の研究によるとノコッチ×2 基本闘エネルギー×2を抜いて、すごい釣り竿×1 プラターヌ博士×1 ストロングエネルギー×2を加えた形のほうが多分強い。(追記) 

 

<キーカード>

f:id:mayumi07:20180818150244j:plain

ヨガマン。古代能力Ω連打で1ターンに2度攻撃できる。

 

f:id:mayumi07:20180818150314j:plain

がまん:コイントスが表なら次のターン技のダメージできぜつしない。

 

f:id:mayumi07:20180818150403j:plain

ベンチにいると進化前のポケモンの技が使えるようになる。

 

f:id:mayumi07:20180818150424j:plain

ベンチにいると技のコイントスを1ターンに1度だけ振り直せる。

 

<デッキコンセプト>

キーカードに挙げた4枚のカードの効果をまとめると、

チャーレムは古代能力Ω連打によって1ターンに2回技を使える。

アサナンの技「がまん」はコイントスに成功すると次ターン半無敵になれる。

・ひかるセレビィがベンチにいる時チャーレムは技「がまん」を使える。

ビクティニがベンチにいる時「がまん」のコイントスを1度だけやり直せる。

 

つまりひかるセレビィビクティニがベンチにいる時チャーレムは、

がまん(1回目)→がまん(コイントスやり直し)→がまん(2回目)

という流れで実質的に1ターンに3度まで技「がまん」を使うことができる。

 

「がまん」は1回につき1/2の確率で半無敵状態になることができるので、

「がまん」を3度使えるチャーレムは実に7/8(=87.5%)の確率で次の相手ターンに技のダメージで気絶しないということになる。

 

このようにして殴られても気絶しない超タフネスを得たチャーレムを壁にしながら長期戦を仕掛け、1度目のがまんチャンスで成功した後の「ヨガキック」や戒めの祠でじわじわと相手のHPを削っていくことを狙ったデッキ。

 

 <採用理由とか使用感とか>

チャーレムアサナン

 壁であり壁でありたまにアタッカーなポケモン

ORAS期のカードで何種類か登場した古代能力の中でも「攻撃権を1ターンに2回分持つ」という派手な効果を持つΩ連打を与えられた1枚。

登場時はストロングエネルギーやレジロックEXで「ヨガキック」をパンプアップして強烈な一撃を2連発!というカードデザインだったのだろうが時代が流れ何の因果かひたすらに我慢を重ねることになってしまった。

もっとも確率上では3/4で「がまん」→「ヨガキック」と動けるのでただただ耐えるだけのマゾヒストではなく、しっかり相手に負荷もかけていける。

「ヨガキック」は抵抗力を無視できるかわりに弱点も無視してしまう技だが、アサナンの下技「キック」はバニラ技で当然弱点を計算するので、同じ30ダメージ技に見えて使い分けができるのも地味ながら良いところ。

 

●ひかるセレビィビクティニ

チャーレムの我慢を支える幻のポケモンたち。

試合開始時のバトル場はノコッチスタートがベスト、せめてアサナンでスタートしたいので、できる限りたねポケモンの数は減らしたいのだが、ピン刺しではどうしてもサイド落ちが怖いため2枚ずつ積んで申し訳程度に軽石を添える。

 

ノコッチ

f:id:mayumi07:20180818161210j:plain

アルセウス(Arceus)のカードを探そうとして「Arce」まで打って検索すると混じってヒットすることで知られるポケモン(Dunsparce)。

ダメージソースとして戒めの祠を採用するためカプ・テテフGXやジラーチEXを採用したくなく、序盤に安定してアズサに触る手段を用意できないことからレベルボールで呼べる代役として採用。

アズサの代わりとしての役割もさることながら、下技「スネークフラッシュ」もビクティニと合わせることで3/4の確率で相手を麻痺にして遅延することができ、デッキコンセプトと噛み合っているのが非常にグッド。

 

※何回か使ってるうちに別にいなくてもいいのでは?と思って抜いてみたところ、特に展開に不自由は感じなかったので他のカードに差し替えていい。(追記)

 

バリヤード(ベンチバリア)

バトル場のチャーレムが無敵になっても、それを無視してベンチ狙撃されるとどうしようもないのでベンチの守護者として採用。

 

ディアンシー

チャーレムを壁に長期戦を仕掛けてちょびちょびと削っていくコンセプトとはいえ「ヨガキック」の30点ではあまりにも心もとないので、打点補助のために採用。

チャーレム(アサナン)×2、ひかるセレビィビクティニバリヤード or ディアンシー◇みたいなベンチが理想。 

 

●レスキュータンカ

システムを担うビクティニとひかるセレビィが両方たねポケモンであるため、たとえベンチから引きずり出されて倒されてもレスキュータンカ1枚あれば容易にリカバリーが効く。

思い切って4投しているが、プラターヌ博士でエネルギーを切らざるをえない展開がままあるので1枚くらいすごい釣り竿に差し替えてもいいのかもしれない。

 

●ハッスルベルト

f:id:mayumi07:20180818191842j:plain

自分のHPを10残すという効果の「がまん」と好相性な打点補助カード。

90点になった「ヨガキック」を2連打すればたねGXポケモンはもちろん戒めの祠で削れた進化GXポケモンも落とせるためチャーレムのフィニッシャー性能を一気に高めることができる。

 

●戒めの祠

f:id:mayumi07:20180818191836j:plain

ゲームが長引けば長引くほど相手のEX/GXポケモンを削っていくじわじわ系カード。

10点ずつ乗せているときはあまり感じないものの、試合後振り返ってみると平気で200点とか稼いでいるから恐ろしい。

 

●サポートカード

カプ・テテフGXが入らないのでドローサポートの現物を多めにというかほぼそれだけ。

最大の負け筋がグズマフラダリ連打なのでせめてNで事故ってもらいたい。

 

●エネルギーカード

打点補助になるストロングエネルギーを複数枚積んでみたり、サイド負けしている時1枚で「ヨガキック」を撃てるようになるカウンターエネルギーを入れてみたりもしたが、ストロングエネルギーはつけられないポケモンが多くそれらのポケモンがバトル場に出た時逃げエネとして使用できない点、カウンターエネルギーはサイド負けしていない時に「がまん」すら撃てなくなる点が気になって基本闘エネルギー9枚にストロングエネルギーを1枚だけ添える形に。

 

<雑感>

当初は「闘タイプポケモンへ10体進化させろ」のデイリーミッションを達成するために適当に組んだデッキだったものの、使ってみるとこれがなかなか味があり、ミッション達成後もしばらく継続して使いながら調整してみるくらいには楽しいデッキだった。バトルサーチャー無しでグズマフラダリの使用回数が限られる環境で使うことができればかなりの嫌らしさを誇っていたに違いない。

がまん中のチャーレムに気絶級ダメージがあたえられた時、PTCGO上のエフェクトでは一度気絶(カードがバトル場から離れる)した後、ターンの移り変わり時にバトル場に戻るという挙動をとるのが倒されても倒されても立ち上がるチャーレムの姿が目に浮かぶようで大変いい感じ。

正面から殴ってくる分には 弱点つかれようが500ダメージ飛ばされようが平気なのだが毒や火傷、フェザーアローなどの技ダメージ以外での気絶には無策なのが弱み。どこからでも飛んでくるどくさいみん光線とは一体何を考えて作られたカードなのか。

そして思いの外しんどかったのが不意に登場する「相手ポケモンにかかっている効果を無視する」系の技で、ジャラランガGXの「ひきさく」が対処不可能な最強技に見えるという得難い体験をすることができた。

 

f:id:mayumi07:20180823103355j:plain

1試合の中でめっちゃコインを投げるので終わってから表裏の回数を見るのが楽しい。

最近になって表面にピカチュウの顔、裏面に尻尾が刻印されたコインを見てようやくHeadsが表でTailsが裏の意味に気がついた。

 

****** Pokémon Trading Card Game Deck List ******

##Pokémon - 16

* 2 Dunsparce CES 110
* 1 Mr. Mime BKT 97
* 1 Diancie {*} FLI 74
* 4 Meditite CES 76
* 4 Medicham PRC 81
* 2 Victini GRI 10
* 2 Shining Celebi PR-SM SM79

##Trainer Cards - 34

* 3 Professor Sycamore BKP 107
* 4 N FCO 105
* 2 Hustle Belt CES 134
* 4 Rescue Stretcher GRI 130
* 2 Battle Compressor Team Flare Gear PHF 92
* 2 Lysandre AOR 78
* 3 Cynthia UPR 119
* 2 Float Stone BKT 137
* 4 Shrine of Punishment CES 143
* 2 VS Seeker PHF 109
* 4 Level Ball NXD 89
* 2 Nest Ball SUM 123

##Energy - 10

* 1 Strong Energy FCO 115
* 9 Fighting Energy 6

Total Cards - 60

****** Deck List Generated by the Pokémon TCG Online www.pokemon.com/TCGO ******

【トリプルフリー】姫様叩き

f:id:mayumi07:20180718145726p:plain

f:id:mayumi07:20180720150246j:plain

最近のトリプルフリーには人がいるらしいという情報を得たので土日にORASを引っ張り出して使っていた構築(普通にマッチングしてびっくりした)。

 

<やりたいこと>

6世代トリプルバトルにおいてめちゃ強ギミックとされていたのがテラキオン(種族値A129/S108)の叩き岩雪崩(威力75/命中90)。

だとしたらメガディアンシー(種族値A160/S110)の叩きダイヤストーム(威力100/命中95)ってめちゃめちゃめちゃめちゃめちゃ強いのでは?

追加効果でBも上昇するし叩きダイヤストームした後のメガディアンシーを他の伝説ポケモンで自己暗示したらさらに最強なのでは?

組んでみよう!!

 

<試合の流れ>

①初手は中央にディアンシー、左右にファイアローエルフーン

②基本的にはファイアローで追い風しながらディアンシーエルフーンは守る。

ファイアローを倒してもらうか脱出ボタンが発動するかでファイアローの位置にエルレイド登場。

④スカーフエルレイドのスキルスワップで正義の心に目覚めたメガディアンシーエルフーンが袋叩きにしてA+5~6のメガ姫様降臨。そのままダイヤストームで相手盤面を一掃する。たまにダイヤストームの追加効果でBが上がる。たまにここで切断される。

⑤AB上昇したメガ姫様をゲンシグラードンレックウザで自己暗示して最強の布陣を作りそのまま制圧する。

⑥勝ち!

 

<個別>  

メガディアンシー  陽気AS

A160という圧倒的な数値と伝説戦において頭一つ抜けたS110というスピードから威力100のタイプ一致全体技をぶつけてくるスーパープリンセス。

ギミックが決まれば等倍まではほぼ一撃必殺。たまに外すのはご愛嬌。

採用理由のダイヤストームとワイドガード避けの単体技に守ると他に良い技がなかったので大爆発。

単体技は叩きが成功すれば岩石封じで充分。恩返しでもいい。鋼に等倍以上とれる物理技が一番良かったが見事に覚えない。

メガディアンシーの特性がマジックミラーなので自然にダークライ(ダークホール)メタを張れるのがグッド。忘れられがちなのか多くのダークライと1匹のドーブルが姫様対面でダークホールを撃ってくれた。

ダイヤストームのモーションはメガ姫様が優雅、通常姫様がかわいい。 

 

 ●レックウザ  陽気AS

自己暗示先のポケモンは先制技が使えるやつがいいという信仰のもと、神速を使える伝説ポケモンということで採用。

タイプ一致のドラゴンクローと採用理由の神速自己暗示にゲンシグラードン対策の滝登り。

A+6珠神速は思ってたほど強くない(過剰に期待しすぎたきらいはある)。

 

ゲンシグラードン おっとりAS…?

メインロムオメガルビーグラードンはとっくに捕まえてしまっていたためGTSで拾ってきたおっとり個体。SがVなら種族値の暴力で充分戦える。

相手によってはメガディアンシーの代わりにこちらを叩く裏パターンも可能で、ゲンシカイオーガを相手にスキルスワップで天候を取り返しつつ叩き断崖の剣で相手盤面を空にできるとかなり気持ちがいい(命中85の全体技が相手全員に当たる確率=約60%)。

 

エルレイド 陽気HS&エルフーン 臆病HS

ギミック要員。スキスワ叩き御用達のエルレイドと叩きパ御用達のエルフーン

エルレイドとメガディアンシーエルフーンの並びは騎士と姫ともこもこでとてもいい感じ。

そういえばなんでエルレイドにスカーフトリックが入ってないんだろうってこれを書きながら思っている。気合いパンチはハピナスカポエラーを1回ずつ倒した。

 

ファイアロー 意地っ張りHSベース

先制追い風しつついい感じに退場して生き残ってたら終盤に上からスイープしていってくれる便利なやつ。

ファイアローファイアローファイアローファイアローしている姿が久しぶりに見られて感動した。

六世代のファイアローは強いなあ!

 

 <雑感>

メガディアンシー叩いたら面白そう!それを暗示したらさらに面白そう!で組んだパーティだったが、全然暗示しなかった。

ダイヤストームが味方を巻き込まないのでギミック要員が場に残ってしまいレックウザグラードンもなかなかメガディアンシーと並ばない。 

そもそも叩きダイヤストームが決まった(決まらなかった)時点で多くの場合は大勢が決しているので暗示する必要性が薄い。

でもレックウザグラードンも暗示しないで殴って普通に強い。さすが伝説。

 

いつぶりだってくらいにORASを引っ張り出してきたけれども普通に対戦相手が見つかることに驚いたし、時間帯によってはレートで見たようなパーティやそれに伝説が混じってくるようなパーティともちょくちょく当たることができて、トリプルフリーの波の高まりを実感することができた。

久しぶりのトリプルバトルはやっぱり楽しくて、そうそうこういうトリパにゲロ吐かされてたんだって懐かしく思いながらゲロ吐かされて負けたり、スキルスワップでホロウビアル止めたり、カイオーガ抜きの雨クチートなんざゲンシグラードン様が捻り潰してくださるわ!と驕っていたら普通に負けたりして楽しくて楽しくてめっちゃ楽しかった。

あまりにちゃんとしたパーティと当たって初手猫騙しに対して何も考えてなかったりトリックルーム耐性皆無みたいな甘甘パーティを使ったことをちょっととだけ後悔したのでこのバブルが弾ける前にもう少しちゃんとしたパーティを考えたい(予定は未定)。